● 松戸市六実・六高台・五香、及び柏市しいの木台・高南台・高柳地域の生活・便利情報などの話題を提供いたします。

野馬(除)土手「木戸遺構」

史 跡

■ 野馬(除)土手「木戸遺構」 ( オウル五香駐車場横 )

.

◇ 撮影:2008年10月10日 ◇ 場所:松戸市五香8-43

.

野馬(除)土手「木戸遺構」

松戸市教育委員会による看板 ( 野馬除土手の説明文 )
 
下総台地の内陸一帯に展開していた「下総牧」は近世を通じて荷役用の駄馬の供給源として、 或いは軍役馬の養成することを目指した野馬の放牧場として徳川幕府が直接経営していた。 この下総牧は小金牧と佐倉牧の二牧に大別され、さらに小金牧は庄内牧、高田台牧、上野牧、中野牧、下野牧、印西牧の六牧に分かれる。 現在見られるこれらの土手は野馬除土手と呼ばれる野馬放牧場の名残りです。
野馬除土手は、外側に掘を掘り、掘った土を盛り上げて土手としたもので、牧馬の逃亡を防ぎ野犬などから馬を護るとともに、 農民にとっては野馬を牧内に留めておき農作物を守るために大切なことでした。
この土手は幕末の記録によると総延長150キロメートルにも達したと思われます。
 [平成十一年三月] 松戸市教育委員会
 
野馬(除)土手とは?
野馬(除)土手「木戸遺構」 野馬(除)土手「木戸遺構」
▲ 野馬除土手の碑
「野馬除土手」という碑。
「小金牧の放牧馬の逃亡を防いだり、農民が畑を荒らされるのを防ぐために築いたもので、 資料によると総延長が約150キロメートルあったとされます」と書かれている。
▲ 木戸遺構の碑
享保十五年(1730年)に小金牧(中野牧)の一部を開墾して高柳新田が誕生した。
その頃牧場を通って松戸方面へ通ずる道のこの位置に野馬逃亡防止のための木戸が設けられた。
野馬(除)土手「木戸遺構」 野馬(除)土手「木戸遺構」
▲ 野馬除土手
中間の「木戸」側から撮影。
▲ 木戸跡
野馬除土手の中間辺りに位置する「木戸」の跡。放牧場へ入るための木戸があったため、このような形状となっている。 バス停「元木戸」はこの場所に由来している。
野馬(除)土手「木戸遺構」 野馬(除)土手「木戸遺構」
▲ 野馬除土手
オウル五香側から撮影。
▲ 木戸跡
この野馬除土手の中で、一番に土手らしく撮影できる立ち位置だろう。
野馬(除)土手「木戸遺構」 野馬(除)土手「木戸遺構」
▲ 木戸跡
木戸跡から見た裏側の野馬除土手。
▲ 野馬除土手
グリーンベルト側の野馬除土手は、だんだん高くなっている。
野馬(除)土手「木戸遺構」 野馬(除)土手「木戸遺構」
▲ 番外編(五香6-3)
本来、六高台とも繋がっていた野馬土手。五香交差点からすぐ近くにある。
▲ 番外編(五香6-3)
無残にも生き残った「かまぼこ状」の野馬土手跡。
.

《 六高台の野馬除土手は、松戸市の重要文化財です 》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
© 66map [ ろくろくまっぷ ] / 転載禁止