● 松戸市六実・六高台・五香、及び柏市しいの木台・高南台・高柳地域の生活・便利情報などの話題を提供いたします。

MENU

道百選

66百景(自然・風景)

■ 道百選(1) 66map エリア内で見つけた名道の写真集

.

道百選TOP

■ 編集部が独自に選んだ『66map名道百選』。(現在も追加中)
.

道百選

.

道百選

▲ No.01
撮影:10年4月29日 場所:高柳新田さんぽ道

.

■ 六高台5丁目と高南台2丁目の境界にある、歩行者専用の『さんぽ道』。閑静な民家の裏側をカギの字型に進むと、松戸高校のグラウンドの横に行き付く短い遊歩道だ。 本来ならもっとクネクネと曲がった自然遊歩道の方が情緒もあるが、それはいたる所で見受けられるし、むしろこうした人工的な『さんぽ道』は珍しさにおいて貴重と言える。
詳しく見る

▲ No.02
撮影:10年4月29日 場所:野馬除緑地

.

■ クリーンセンターの北側に残る野馬除土手を保護するために作られたのがこの「野馬除緑地」の遊歩道。この奥には何体もの馬のレリーフの彫像が壁画として残っている。夏には木陰が涼しい、趣がある散歩コースだ。
詳しく見る

.

道百選

.

道百選

▲ No.03
撮影:10年4月29日 場所:高柳西小学校裏通り

.

■ 高柳西小学校の南側の裏通り。
高い外壁とS字のカーブ、そして上から見下ろす桜の木がとても美しい。六高台8丁目付近の碁盤の目のような道に比べ、この辺りが区画整理をされる前からずっとあった古い通りであると推察できる。

▲ No.04
撮影:09年5月25日 場所:六高台桜通り

.

■ 66mapエリアの言わばメインストリート。
春には盛大な『桜まつり』が催される。中央分離帯には『下葛線』の鉄塔が雄大に連なり、六高台の象徴的な存在となっている。
詳しく見る

.

道百選

.

道百選

▲ No.05
撮影:09年5月25日 場所:しいの木公園横通り

.

■ しいの木公園とクリーンセンターを挟む通り。
京成リブレ側から緩やかな下り坂とカーブがあり、車や自転車でこの道を通ると、なぜか爽快な気分になる。

▲ No.06
撮影:10年4月29日 場所:高柳小学校遊歩道

.

■ 高柳小学校の北側にあるコンクリート製の遊歩道。
この遊歩道の2メートルほど下に一般道があり、直接遊歩道には入れない。この道が出来た経緯や使い道は不明だが、高南台が区画整理される以前の地形を考えると、大津川支流の湿地帯との境目だったとも考えられる。

.

道百選

.

道百選

▲ No.07
撮影:10年3月11日 場所:六実2丁目の竹林

.

■ まつど育成会『まつぼっくり』の通り沿いにある六実2丁目の竹林。
昔からある旧道で、竹林と畑が六実の原風景を連想させる

▲ No.08
撮影:10年4月29日 場所:六実3丁目の畑道

.

■ 六実3丁目に広がるたくさんの梨畑近くある細い歩道。
歩行者だけが通行できる私道で、元々は畑道だったものが現在は近道として利用されている。
写真では見えないが、道の奥は右に曲がっていて舗装道路と繋がっている。

.

道百選

.

道百選

▲ No.09
撮影:09年5月25日 場所:野馬(除)土手通り

.

■ 松戸市の文化財に指定されている『野馬(除)土手』が残る通り。
オウル五香の並びにあり、手前に見える柵のような物は『木戸遺構』という扉の名残だ。この『木戸遺構』という名前はバス停『元木戸』の由来にもなっている。
詳しく見る

▲ No.10
撮影:09年5月25日 場所:野馬(除)土手裏通り

.

■ No.09の真裏にある通り。
つまりNo.09が野馬が生息していた地区で、こちらが民家や畑があった地区だったことがわかる。現在でも近所の住民が草花を育て、目にも優しい穏やかな裏通りになっている。

.

続きのページ ▶ 《 道百景 (2)(3)

近所の名所

更新通知を受け取る »
しーこ
メンバー

「No.22」の道、あたしも好きだわ~
徒歩でしか行けない道なのも、いいのよね

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP